隕石、火球、流星の違いを教えてください。 空に光って見えるのが流星で、その中でも、とても明るい(金星より明るいくらい)のを火球と呼びます。燃え尽きずに落ちたものが隕石です。 狭義の「星」は「恒星」だけを意味していますが、広義の「星」には「惑星・彗星・星団(星座)」なども含まれています。 《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 8%)・石鉄隕石(約1. 「隕石」という表現は「宇宙から大気圏を突き破って地上に落下した地球外の物質」を意味していて、大気圏に入る時には「火球」として観察されることもあります。 隕石に対して「星」というのは、「宇宙空間に存在している地球・太陽・月以外の発光天体(恒星・惑星・彗星・星団、狭義には恒星のみ)」を意味しているという違いがあります。 また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 7%)」に分類されます。, 「星(ほし)」とは、夜空で小さく点々と光っている天体のことで、「地球・太陽・月以外の恒星(発光する天体)」のことを意味している言葉です。 「ジャンカラ」とは、「株式会社TOAIが関西地方中心に展開しているジャンボカラオケ広場という店名のカラオ... この記事では、「根拠」と「裏付け」の違いを分かりやすく説明していきます。 〘名〙 流星が大気中で燃えきらないで地表に達したもの。暗褐色または黒色。鉄、ニッケル、ケイ素、マグネシウムなどを含み、鉄分の多少により、隕鉄、石鉄隕石、石質隕石に分けられるが、石質隕石がもっとも多い。天降石。天隕石。ほしいし。, 『小沼直樹・水谷仁編『岩波講座 地球科学13 太陽系における地球』(1978・岩波書店)』, 『F・ハイデ、F・ヴロツカ著、野上長俊訳『隕石――宇宙からのタイムカプセル』(1996・シュプリンガー・フェアラーク東京)』. 習志野隕石の価値(値段)はどのくらい? 7月2日の火球は多くの人が確認しており話題にもなりましたし、隕石として確認されたのは国内で53件目ということで、 希少価値のあるものには違いないですよね。 「星」という表現には、「相撲において勝敗を示している白黒の丸いしるし(白星が勝ち・黒星が負け)」や「犯人・容疑者」、「小さな点・斑点」、「華やかなスター・代表者」、「歳月」といったメタファー的(比喩的)な意味合いも備わっています。, 「隕石」と「星」の違いを、分かりやすく解説します。 さらに「列挙」と「枚挙」を使った例文と意味を紹介し、解釈して行きます。 隕石(いんせき、英: meteorite )とは、惑星間空間に存在する固体物質が地球などの惑星の表面に落下してきたもののこと 。 「隕」が常用漢字に含まれていないため、「いん石」とまぜ書きされることもある。 昔は「天隕石」「天降石」あるいは「星石」などと書かれたこともある 7%)」, 「宇宙空間に存在している地球・太陽・月以外の発光天体(恒星・惑星・彗星・星団、狭義には恒星のみ)」. 5%)・鉄隕石(約5. 「ジャンカラ」とは? この記事では、「効用」と「効能」の違いを分かりやすく説明していきます。 5%)・鉄隕石(約5. 宇宙から降ってくる隕石について、解説しているガイドです。なるべく専門外の方でもわかるように説明してあるので、興味のある方はぜひ読んでみてください! 隕石の基本的なことについて解説していき … 「列挙」の意味や使い方 8%)・石鉄隕石(約1. 「根拠」とは? ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved. 星空はたくさんの星でできていますが、それにはたくさんの種類があります。そして、中には変わった星もありますよね。例えば、尾をひいている星や、地表に落ちてくる星などです。, 尾をひいている星を「彗星(すいせい)」と言い、地表に落ちてくる星のことを「隕石(いんせき)」と言います。, みなさんもこのくらいはご存知だと思います。しかし、これ以上のことを知っている人はあまりいないのではないでしょうか。, 一方、「隕石」とは宇宙空間から惑星の地上に飛来した直径が1mmを超える物体のことです。, 多くは氷や岩石やドライアイスや気体などで構成されており、太陽に溶かされた部分が特徴的な尾を形成します。これがほうきに見えるため、彗星はほうき星と呼ばれることもあります。, ちなみに、この尾は水蒸気や揮発性の物質が太陽風に流され、太陽光に反射して光って見えています。, そのため、彗星の尾は進行方向に関係なく、太陽の逆方向に見えます。そして、太陽風とは太陽から吹き出てくる極めて高温なプラズマのことです。, ところで、彗星の大きさは直径数十メートルのものから直径50キロメートルほどのものまでさまざまです。, また、軌道もさまざまですが、大きくわけると楕円軌道を取る「周期彗星」と双曲線の軌道を取るものと放射線の軌道を取るものの3種類になります。, ちなみに、このうち双曲線の軌道を取るものと、放射線の軌道を取るものは二度と太陽の近くを通ることはありません。, そして、周期彗星は大きく短周期のものと長周期のものの2つにわけられています。ちなみに、公転周期が200年以下のものが短周期で、200年を超えるものが長周期です。, このうち、短周期のものとしては76年周期で一周するハレー彗星や3.5年周期で一周するエンケ彗星などがあげられます。, また、長周期のものとしては1996年に地球の近くを通過した百武(ひゃくたけ)彗星があげられます。ちなみに、百武彗星の公転周期は数万年です。, そして、長周期彗星は太陽の熱により内容物が蒸発させられることが少ないので、十分に揮発成分を持っていることが多く、明るく輝く彗星になることが多いでしょう。, ちなみに、短周期の彗星はカイパーベルトという場所からやってくると言われています。カイパーベルトはエッジワース・カイパーベルトと呼ばれることもありますが、海王星の外側にある小さな天体がたくさんある場所のことです。, また、長周期の彗星はオールトの雲からやってくると言われています。オールトの雲とは太陽系の外側にある、小さな天体がたくさんある場所のことです。, ところで、日本では年に何回か流星群を見ることができますが、これには彗星が関係している場合があります。, 彗星は常にチリをばらまきながら宇宙を移動しているため、彗星が通った道にはチリがたくさん浮遊していて、これが地球と出会った時、チリが地球の重力にひかれて落下します。そして、チリは空気との摩擦熱によって発火し、これが流れ星になっているのです。, ちなみに、宇宙空間から飛来した大きさが1mmに満たない物体のことは宇宙塵(うちゅうじん)と呼びます。, そして、隕石にはさまざまな種類のものがあり、直径は1mmほどのものから2.7メートルのものまであり、2.7mのものはホバ隕石と呼ばれています。, ちなみに、ホバ隕石は現在は風化や破壊活動や調査のための採掘などにより60トンほどの重さですが、昔は66トンほどあったと言われています。, また、隕石は宇宙からやってくるため、地表に到達するまでにかなりの部分が空気との摩擦熱で消えてしまいますが、燃え残って地表に到達するものは主に石でできているか、鉄でできています。, そして、隕石のうち95.6%は石でできた石質隕石であり、0.5%は鉄でできた鉄隕石です。また、石と鉄が半分ずつ含まれているような石鉄隕石もあります。, このうち、鉄が含まれているものは人類が鉄を使い始めた理由の有力な説のうちの1つになっています。, ちなみに、隕石と流れ星は宇宙から惑星に落ちてくるという意味で似ているものですが、流れ星は途中で燃え尽きてしまい、地表にまではたどり着かないという特徴があります。, そもそも、宇宙から落ちてくるもののうち、途中で燃え尽きてしまうのが流れ星であり、地表にまで到達するのが隕石なのです。, また、隕石の多くは小惑星同士が衝突するなどしてできています。ちなみに、隕石のふるさとは小惑星がたくさんある、火星と木星の間にある小惑星帯だと言われています。, 小惑星の衝突でできた石のかけらが木星の重力などによって小惑星帯を飛び出し、惑星に向かって落ちていくのが隕石なのです。, そして、大きな隕石が地球に落ちてくる時には巨大な火球が出現し、夜でも昼みたいな明るさになり、衝撃波があったり、地表に激突する爆発音が聞こえてきたりします。, 例えば、恐竜が絶滅する原因になったと言われている隕石のクレーターはチュクシュクルーブ・クレーターと呼ばれていています。, また、有名なクレーターとしてはバリンジャー・クレーターもあげられます。これは世界一有名なクレーターと言われています。, また、隕石は地表に到達するまでに割れて、破片になることがあり、その場合には隕石雨などと呼ばれます。, ちなみに、隕石の「隕」は常用漢字なので公文書や新聞や教科書などでは用いることができません。, 「彗星」や「隕石」にはこんな興味深い特徴が隠されていたんですね。更に調べていくと、もっと興味深い情報があるかもしれません。興味がある人はもっと深く調べてみてはいかがでしょうか。, 双曲線の軌道を取るものと、放射線の軌道を取るものは二度と太陽の近くを通ることはありません。, 長周期彗星は太陽の熱により内容物が蒸発させられることが少ないので、十分に揮発成分を持っていることが多く、明るく輝く彗星になることが多い, 日本では年に何回か流星群を見ることができますが、これには彗星が関係している場合があります。, 宇宙から落ちてくるもののうち、途中で燃え尽きてしまうのが流れ星であり、地表にまで到達するのが隕石. 「ゲイ」とは、英語で同音の“Gay”からきている言葉で、男性の同性愛者を指します。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報, 地球外から地球に飛び込んできた固体惑星物質の総称。その大部分は、火星と木星の間に位置する小惑星帯から由来したものであり、45.5億年前の原始太陽系の中で形成された小天体の破片である。しかしその一部には、彗星(すいせい)の残骸(ざんがい)と考えられるもの、あるいは火星、月の表面物質が、なんらかの衝撃によって飛散したと思われるものも混在する。, 隕石の大きさは、小さなもので数グラム、もっとも大きなもので60トンに達する。大きな隕石が地表に激突すると隕石孔が形成される。地球には54個の隕石孔が知られているが、このうち、アメリカのアリゾナ州の砂漠にある隕石孔はとくに有名である。これは、直径1295メートル、深さ174メートルの孔であり、1万トン級の隕鉄が超音速で衝突して形成されたと推定される。しかし、その大部分は蒸発し、数キログラムの隕鉄が孔の周辺から回収されたにすぎない。なおこの隕石孔の底部から、すでに人工的に合成されていたシリカの高圧鉱物が天然において初めて発見された。衝突時に発生した衝撃波が、地表の石英粒をコース石、スティショバイトとよばれる高圧鉱物に転換したのである。, 大英博物館発行の隕石カタログによれば、1960年代までに世界中で2045個の隕石が知られていた。1970年代に入ると、日本の国立極地研究所が組織的な南極隕石探索を開始し、多くの隕石を回収、その結果国立極地研究所南極隕石センターには1万6000個を超える隕石が保管されることとなった。日本のほかにはアメリカや中国などが数多く保有している。, 隕石には、隕鉄、石鉄隕石、石質隕石の3種類がある。隕鉄は鉄・ニッケル合金である。石鉄隕石は鉄・ニッケル合金とケイ酸塩鉱物をほぼ等量含む。石質隕石は主としてケイ酸塩鉱物からできている。この石質隕石は、その内部構造に基づいてさらに二つのグループに分類されている。内部に、コンドルールとよばれるミリメートル・サイズのケイ酸塩液滴を含むものはコンドライト、含まないものはエコンドライトと名づけられている。エコンドライトは地球の火成岩によく似た隕石である。一方、コンドライトを特徴づけるコンドルールは、地球上の岩石には存在しない。, 隕石と地球上の岩石との間にみられる大きな違いは、金属鉄の有無にある。地球上の岩石には金属鉄はほとんど含まれないが、隕石では金属鉄を含まないもののほうがまれである。地球上の岩石に比較すると、隕石はかなり還元的な環境で形成されたといえる。ちなみに、人類が金属鉄の有用性に気づいたのは、隕鉄の存在によるという説がある。また、地球の中心部コアが金属鉄からできているという認識も、隕鉄の存在に依存するところが大きい。, 化学組成的に隕鉄、石鉄隕石、エコンドライト、コンドライトに分類される隕石についてその成因を考えると、コンドライトとその他の隕石の二つのグループに大別するほうが明解である。コンドライトの化学組成は、太陽大気の組成とたいへんよく似ている。太陽は太陽系を構成する物質の99%以上を占めるので、コンドライトは太陽系全体を代表する始原的な固体物質であるといえる。一方、隕鉄、石鉄隕石、エコンドライトの化学組成は、太陽大気の組成とは甚だしく異なり、その構造は溶融物が固化するときに生ずる特徴を示している。それゆえ、コンドライトは始原隕石、その他の隕石群はまとめて分化隕石とよばれる。, 分化隕石グループは、始原隕石物質が一度溶けて分化して形成された。その母天体は、地球に似た層構造をもつ、直径数百キロメートルの小天体であった。隕鉄はこの小天体のコアを、石鉄隕石はコア・マントルの境界を、エコンドライトはマントルと殻を占めていたのであろう。, 始原隕石と分化隕石を区別するもう一つの特徴は落下頻度である。地球に落下する隕石はコンドライトが圧倒的に多く、分化隕石グループの落下頻度は、合計しても15%に満たない。小惑星帯にはコンドライト的小天体が多く存在し、分化隕石的小天体の数は少ない。小惑星帯を構成する小天体群は、かつて存在した大惑星の破片ではなく、惑星まで成長することができなかった微惑星の集合体である。, 始原隕石コンドライトの生成年代は、45.5億年であり、その後地球を訪れるまでに二次的に溶けた形跡がない。それゆえ、この隕石は星雲状態にあった原始太陽系の中で最初に形成された微惑星の破片であるといえる。コンドライトには、鉄の酸化還元状態に大きな違いがみられる。また、その中には高温鉱物と低温鉱物が共存する。原始太陽系星雲の温度分布および酸化還元状態は一様なものではなく、刻々と変化するものであった。, コンドライトのうち、揮発性成分をより多く含む炭素質コンドライトは、太陽系のロゼッタ・ストーンとしてとくに名高い。この隕石に含まれる高温鉱物の一部に、地球、月、その他の隕石とは異なる同位体組成を示すものがある。この異常物質は、原始太陽系星雲に打ち込まれた超新星放出物である可能性が大きい。一方、その低温鉱物には、各種アミノ酸をはじめいろいろな有機化合物が含まれている。原始太陽系星雲は、異なる原子核合成の歴史をもつ塵(ちり)の混合物であり、生命の前駆物質である有機化合物はすでにこの星雲の中に用意されていたのである。, 『小沼直樹・水谷仁編『岩波講座 地球科学13 太陽系における地球』(1978・岩波書店)』▽『国立極地研究所編『南極の科学6 南極隕石』(1987・古今書院)』▽『F・ハイデ、F・ヴロツカ著、野上長俊訳『隕石――宇宙からのタイムカプセル』(1996・シュプリンガー・フェアラーク東京)』, 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例, …高い圧力の衝撃波が通過した岩石や鉱物に生ずる物理的・化学的な変化の総称。天然では隕石が地表に落下したとき,その落下速度が非常に高速であるため隕石孔を作り,その周囲の岩石に短時間の大きな変形を与える。この一部が衝撃波となって周囲に広く伝わり,衝撃変成作用を引き起こす。…, …ニッケル鉄とケイ酸塩鉱物が混合した隕石で,おもなものにパラサイトpallasiteとメソシデライトmesosideriteがある。パラサイトの組織は地球の岩石には見られないもので,地球以外の天体からきたものだと最初に確認されたのがこの隕石である。…. 「根拠」とは、その元となる理由という意味の言葉になります。 日本語でこの意味の言葉としては... この記事では、「ジャンカラ」と「倒産」の違いを分かりやすく説明していきます。 「効用(こうよう)」とは、「ある物質(物事)の使い道・使途」や「ある物質(物事)の効き目・効能」を意味している表現で... 「完結」と「完了」は類似した意味を連想させる紛らわしい言葉ですが、「完結」と「完了」の意味・使い方の違いを正しく理解できているでしょうか? 「ゲイ」とは? 「隕石」と「星」は広大な宇宙空間に存在している物質という意味では類似していますが、「隕石」というのは「宇宙空間から、地球などの惑星の表面に落下してきた固体物質」のことを意味しています。 「効用」とは? 特に火球は明るいため、色がはっきりとわかることが多いようです。 流星は、流星の元になる物質が地球大気に飛び込んできたときの摩擦によって発生するエネルギーで発光しますが、どんな分子や原子が発光しているのかによって色が違います。 宇宙から地上に落下した地球外の物質。 大気突入時、明るい流星(火球)として観測されることが多い。軌道が決定されたものは、その多くが小惑星帯を通ることから、小惑星の破片と考えられる。 構成物質の違いにより、石質隕石、石鉄隕石、隕鉄に分けられる。 「隕石」はその組成・構造に基づいて、「石質隕石(目撃された隕石の約92. この記事では、「隕石」と「星」の違いを分かりやすく説明していきます。「隕石」とは?「隕石(いんせき)」とは、「宇宙空間から地球などの惑星の表面に落下してきた固体物質」のことを意味しています。「隕石」という表現は「宇宙から大気圏を突き破って地 そして、大きな隕石が地球に落ちてくる時には巨大な火球が出現し、夜でも昼みたいな明るさになり、衝撃波があったり、地表に激突する爆発音が聞こえてきたりします。 その中でも特に大きいものは落ちた後に クレーターができることがあります。 「列挙」には、「並べ上げること」「一つ一つ数え上げること」と... 「石質隕石(目撃された隕石の約92. No reproduction or republication without written permission. 「隕石」と「星」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。. ... この記事では、「ゲイ」と「ホモ」の違いを分かりやすく説明していきます。 「隕石(いんせき)」とは、「宇宙空間から地球などの惑星の表面に落下してきた固体物質」のことを意味しています。 「隕石」とは「宇宙空間に存在する固体物質が地球などの惑星の表面に落下してきたもの」を意味していて、「星」は「地球・太陽・月を除くすべての発光する天体」を意味している違いがあります。 この記事では、「完結」と「完了」の意味の違いを分かりやすく説明していきます。 「何かしらの根拠がないと、こんなことはできないだろう... 「列挙」と「枚挙」の違いについて紹介します。 また「星」には、「隕石」にはない「相撲で勝ち負けを示す白黒の丸いしるし・小さな点・華やかなスター(代表者)」といった比喩的な意味合いがある違いも指摘できます。, 「隕石」と「星」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

みなとみらい スリッパ, 広島 ホテル 女子旅, Uqモバイル プラン変更 タイミング, 二ノ国 白き聖灰の女王 夢の世界, Wimax 初期設定 W06, オパシ チート, 添田豪 息子, 日本の山 有名, Line ビデオ通話 料金, 奇天烈動画配信団 2020, オクトパス トラベラー セリフ, Iphone サイズ一覧, ホークス イケメン ピッチャー, 本革 塗装, 新築 後悔ばかり, 俳優 中村俊介 最新情報, 津田健次郎 Ff14, 西村 凌 二 軍, ウィッチャーテイルズ セール, ワーナーミュージック アクセス, 宝石 店 催事, 地震 揺れた Twitter, 新築家電 ブログ, ソフトバンクホークス 先発投手,